アンチエイジングと乾燥

アンチエイジングと乾燥

アンチエイジングの対策として保湿や肌を乾燥させないことがよく挙げられますが、実際それにはどのような意味があるのでしょうか?

 

乾燥が肌の老化を進ませる原因は、乾燥によって皮膚の表面でバリア機能を発揮している角質層の働きが弱ってしまうからです。角質層はわずか0.02ミリほどの厚さですが10〜20層の角層細胞がミルクレープのクレープ地のように重なってできています。

 

そしてそのミルクレープのクリームに当たる部分がセラミドで代表される細胞間脂質やうるおい成分のNMFです。成分そのものが保湿機能を持っていて角質層で十分に水分を保つ働きをしています。

 

乾燥してくるとミルクレープの一番上の層がパサパサになってめくれあがってくるように、肌の角質層も乾燥によってひび割れや隙間が開くようになり、めくれあがってきます。そうすると水分が皮膚から蒸発しやすくなり肌の乾燥はますます加速します。

 

肌の乾燥によってバリア機能が弱まるとどうなるのでしょうか。まずは水分を失った角質や表皮の内側の部分が陥没し小じわができる原因になります。また悪玉菌やダニ・汚染物質がバリアによって守られていた皮膚の内側へ侵入し、肌荒れの原因となります

 

バリア機能が弱まっているので、トラブルが起きてから日焼け止めや化粧水をつけようとしても、沁みたりアレルギー反応が起きたりしがちです。

 

肌の老化を進ませるトラブルの元になる乾燥ですが、きっかけは空気の乾燥の他に、間違った洗顔方法や洗浄力の強すぎる洗顔剤の使用などがあります

 

またダイエットのために油を抜いて細胞間脂質の素になるリノール酸などの必須脂肪酸を摂らないでいると、角質層の乾燥が進みます。ただ肌の表面を濡らせばよいのではなく、なぜ肌の乾燥が起きるのかを理解したうえで正しい乾燥対策をすることがアンチエイジングの近道なのです。

関連ページ

アンチエイジングと活性酸素
アンチエイジングのためには活性酸素への対応が欠かせません。
アンチエイジングと糖化
アンチエイジングのは「肌の糖化」対策が重要なのをご存知ですか?
アンチエイジングと日焼け止め
日焼け止めにありがちな盲点に気をつけて、しっかりアンチエイジングしましょう。