アンチエイジングと活性酸素

アンチエイジングと活性酸素

私たちの肌の老化を引き起こす主な原因の一つと言われているが活性酸素です。アンチエイジングのためにはこの活性酸素対策が欠かせません。しかし活性酸素とはいったいどのようなものなのでしょうか。活性酸素の特性をよく理解してから、アンチエイジングのための対策を考えることにしましょう。

 

私たちはみな呼吸をします。そのとき体内に入った酸素がエネルギーを作り出す一方で、一部が酸化力の強い活性酸素になるのです。本来、活性酸素はその強い酸化力によって、体に侵入してきたウィルスや細菌を撃退する働きをしています。ですから全く役に立たない存在ということはありません。

 

しかしながら、過剰に蓄積された活性酸素は体中の組織を酸化させる、つまりサビさせてしまうのです。内臓や骨、もちろん皮膚もダメージを受けてガンを発症したり老化が早まったりします

 

肌の老化に焦点を合わせると、皮膚の弾力を支えるコラーゲン繊維を傷つけるので肌がしぼみ、シワやたるみを引き起こします。また肌の表面を覆う脂質を酸化させるとかゆみやかぶれを起こし、肌荒れの原因となります。さらに活性酸素がメラニンをたくさん作らせるのでシミの原因にもなります。

 

こうした状態を防ぐためにも活性酸素から身を守るための仕組みとして私たちが元々持っている、酵素SODグルタチオンなどの活性酸素除去酵素の働きを高める必要があります。この酵素は若いうちはたくさん作られるのですが、20歳をピークにだんだん作られる量が減少します。

 

ですからこの酵素を作るためにタンパク質や鉄、亜鉛、マンガンといったミネラル類を意識して摂取する必要があります。また活性酸素除去酵素と同じような働きをする、ビタミン類ポリフェノールを摂取することも効果があります。さらに軽めの運動を定期的に行って抗酸化酵素の働きを活性化させましょう。

関連ページ

アンチエイジングと乾燥
肌の老化の原因には乾燥が深く関わっています。
アンチエイジングと糖化
アンチエイジングのは「肌の糖化」対策が重要なのをご存知ですか?
アンチエイジングと日焼け止め
日焼け止めにありがちな盲点に気をつけて、しっかりアンチエイジングしましょう。