アンチエイジングと糖化

アンチエイジングと糖化

アンチエイジングに関連して最近よく耳にするようになった言葉に「肌の糖化」があります。
そもそも糖化というのは身近な例でいうとホットケーキを焼いた時に表面がきつね色にこんがりするとか、お肉を焼いた時に表面が茶色に焦げるというような、タンパク質が糖分と結びついて硬くなって褐色になる反応のことを言います

 

糖化には熱が必要なのですがそれほど高熱である必要はなく、体温でも十分糖化の反応は起きるのです。

 

食品は糖化反応によって香ばしくおいしくなりますが、体の細胞を形作っているタンパク質が糖化する場合はAGEs(糖化最終生成物)という老化物質が作られ、細胞が劣化します。AGEsが蓄積すると細胞の持つ弾力はなくなって硬くなり、骨のような元々白い物質でさえホットケーキの表面のような薄茶色に変色します。

 

肌に黄色いくすみやシワができるだけでなく、骨粗鬆症・糖尿病・高血圧・動脈硬化などを引き起こすのも細胞の糖化が原因といわれています

 

私たちの脳は糖分しかエネルギー源がありませんし、私たちの活動エネルギーも糖分から取られるので、糖分を一切取らないと低血糖という別の病気にかかってしまいます。ですから食事の中で糖分を摂り過ぎないように気を付け、糖分の摂り方を工夫するのと同時に糖化抑制効果のある食材を摂りいれるといった抗糖化対策が必要なのです

 

糖分の摂り方の工夫とは血糖値を急上昇させないような食事をとるということです。いわゆるGI値の低い食材を選んで食べることや、食べるときの順番を工夫して食物繊維のある食品を先に炭水化物を後に食べるということができます。

 

またカモミールティーや甜茶、ドクダミ茶・菊の花エキス・ゴボウにも抗糖化の働きがあることが分かっています。そういう食材を積極的に摂りいれて糖化を遅らせ、アンチエイジングに役立てましょう。

関連ページ

アンチエイジングと活性酸素
アンチエイジングのためには活性酸素への対応が欠かせません。
アンチエイジングと乾燥
肌の老化の原因には乾燥が深く関わっています。
アンチエイジングと日焼け止め
日焼け止めにありがちな盲点に気をつけて、しっかりアンチエイジングしましょう。