肌荒れとあせもの違い

肌荒れとあせもの違いについて

夏になるとどうしても額や首回りに汗をかきます。子供の頃にあせもができたらクリームやローションなどをお母さんに塗ってもらったことがある人もいるかもしれません。しかし最近は大人になっても「あせもがかゆいな」という肌トラブルを抱える人が増えています。しかもそれがあせもではなく汗あれだったり、他の病気だったりする場合があるのです。汗が引き起こす肌荒れについて、少し調べてみましょう。

 

あせもと言われる症状は正確には汗疹(かんしん)と呼ばれ、3つの型があります。基本的に汗疹は汗の出る管「汗腺」が詰まってしまい、そこに汗が溜まって何らかの症状が出ます

 

私たちがよくあせもと言っている患部が赤くなってかゆいものは「紅色汗疹」といって服などで摩擦のある部分に赤い発疹ができてかゆみを伴うのが特徴です

 

一方、皮膚の角質層に汗が溜まって水ぶくれになる「水晶性汗疹」だとかゆくはなりません。同じくかゆみはないものの紅色汗疹が悪化して「深在性汗疹」になると、鳥肌のようになって色も青白くなりめまいや倦怠感といった全身症状が出てきます

 

それに対して汗あれというのは汗に含まれる塩分やアンモニアで自分の肌が刺激され炎症を起こすという症状です。自分の汗にまけるというのは奇妙な気もしますが、角質層が荒れて本来持つバリア機能が弱くなってしまうと自分の汗であっても異物と認識してしまうのです。あせもの場合より治るのに時間がかかりますし、夏に限らずいつでもおこります。

 

最後に、かゆみがあってあせもやニキビと間違われやすい「マラセチア毛包炎」という真菌が原因の肌の病気もあります。皮膚科で顕微鏡検査をしないと分からないのですが、菌にあった薬を塗らないと症状が全くよくならないので、市販薬が効かないなと思ったらすぐに皮膚科に行きましょう。

関連ページ

肌荒れとホルモンの関係
肌荒れとホルモンの関係についてです。
肌荒れと内臓の関係
肌荒れと内臓の関係についてです。
肌荒れの原因について
肌荒れの原因についての情報です。