肌荒れとホルモンの関係

肌荒れとホルモンの関係

女性

女性がよく生理前になると肌荒れが起きるといいますが、これは女性ホルモンのバランスの乱れによる肌荒れです

 

このホルモンバランスが乱れるとニキビや毛穴の開き、肌が過敏になったり皮膚の角質が厚くなったりといった症状も出やすくなります。どうしてこういった症状がおきるのか考えてみましょう。

 

女性ホルモンと一口に言っても2つのホルモンが関係しています。一つはプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンでもう一つはエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンです。この2つのホルモンは28日周期で交互に分泌量が増えたり減ったりしています

 

生理前に分泌量がピークに達するのは黄体ホルモンの方です。
このホルモンは本来妊娠をサポートするためのホルモンで、老廃物などを整理の時に体外に排出する働きがあります。

 

ところがこのホルモンが過剰に分泌されると、皮脂が出過ぎたりメラニン色素を増やしたりと肌トラブルの原因物質を作ってしまいます

 

肌全体の傾向としてはバリア機能が弱まり過敏になりやすいので、この時期に強い薬剤(ヘアカラー)や初めての化粧品などは試さないほうがよいでしょう。紫外線ケアをしっかりし、皮脂が出ていても保湿を忘れないようにしましょう

 

残る卵胞ホルモンは生理の1週間後あたりが分泌のピークになる美肌のホルモンです。このホルモンは本来、男性を引き付けることで妊娠の確立を上げる働きをするホルモンで若さを保つホルモンとも呼ばれています。肌に潤いを与え、魅力的なボディーラインを作る働きや高揚した幸せな気持ちを作り出す働きをします

 

卵胞ホルモンの働きを活かしながら、黄体ホルモンの活発な時期に気を付けてケアすればホルモンの乱れによる肌荒れを防ぐことができるでしょう。


関連ページ

肌荒れとあせもの違い
肌荒れとあせもの違いについてです。
肌荒れと内臓の関係
肌荒れと内臓の関係についてです。
肌荒れの原因について
肌荒れの原因についての情報です。