肌荒れ時のパックの注意点

肌荒れ時のパックの注意点

肌荒れを起こした時のスペシャルケアとして市販のパックを利用されている方も多いのではないでしょうか。

 

様々な天然成分を利用したパックに加え最近では炭酸パックなども人気を集めています。しかし、せっかくのパックもやり方を間違えるとかえって肌荒れを促進させてしまいます。パックする際の注意点をいくつか挙げてみましょう。

 

肌荒れに気付いて最初に試そうとするのが化粧水のコットンパックではないでしょうか。美容の記事などでもパック用のコットン以外にいつもの化粧用コットンを使ったとても手軽なパック方法が紹介されています。

 

乾燥肌が肌荒れの引き金になることが多いので、とにかく水分補給という考えに至るのは分かりますが、コットンパックには注意が必要な点があります。

 

まずパックを3分以上顔に乗せたままにしないことです。化粧水パックを肌に貼りつけたままにしておくと逆に肌の水分を化粧水コットンの方に持って行かれてしまいます。そして肌をいつも水浸しの状態にしておくと角質層がかえってボロボロになってしまうので、油分の補給を忘れないことも大切です

 

これは水仕事をしているお母さんの手がクリームをつけないとカサカサになってささくれてしまうことを考えると理解できるでしょう。

 

なるべくナチュラルな栄養を肌に届けようと、レモンパックキュウリパックなどで輪切りにした素材をそのまま肌に貼るパックもおすすめできません。キュウリやレモンにはソラレンという紫外線を吸収する働きがある物質が含まれています。さらに生の果物や野菜には酸が含まれているので、敏感になっている肌には刺激の強すぎる場合もあり注意が必要です。

 

ケアのためのパックで余計なトラブルを引き起こさないように、口コミで話題のパックもきちんと調べてパッチテストをするなど慎重に試しましょう。

関連ページ

肌荒れと洗顔
洗顔が肌荒れにどのように関係しているかについてです。
肌荒れに効く食品
肌荒れに効くとされる食品についてです。
肌荒れに効く漢方
肌荒れに効くとされる漢方についてです。