肌荒れに効く食品

肌荒れに効く食品

牛乳

肌荒れを起こした時に化粧水やクリームなど外からのメンテナンスも大事ですが、食べるものに気を付ける内側からのメンテナンスも欠かせません。肌荒れには肌の性質によってパターンがありますから、症状からみた肌質別に必要な栄養素やその栄養がとれる食品について考えてみましょう。

 

脂質肌の人でニキビや吹き出物に悩んでいるという場合に必要な栄養は、ビタミンB(群)やEです。ビタミンB肌の新陳代謝を活発にする働きがあり、肌弾力を保ち皮脂をコントロールします

 

ビタミンEは血行を良くしますので新陳代謝を促すとともに肌荒れの回復を助ける働きがあります。ビタミンBは牛乳や納豆魚や肉に含まれています。

 

ナッツ

ビタミンEはオリーブオイルやナッツ類サンマやウナギなどの魚の油に含まれています。良質の油は必要ではありますが摂り過ぎは避けましょう。

 

乾燥肌の人も脂質は必要なのでオリーブオイルやごま油、ナッツ類・青魚や肉を摂りましょう。必須脂肪酸が取れないと皮膚がますます薄くなってしまいますが、ビタミン同様に食べて補わないといけないので良質の油を摂るようにしましょう。

 

そのほかにビタミンAも皮脂腺のバランス調整に必要な栄養です。人参やカボチャのような緑黄色野菜からβカロチンを摂ると体内で必要に応じてビタミンAに変わります。卵もタンパク質と同時にビタミンAが取れるお勧めの食材です。

 

コラーゲンを作るビタミンCと老廃物を排出する食物繊維は肌質にかかわらず肌荒れ予防と改善に役立つ食品です。果物や野菜をバランスよく摂ることで両方の栄養が摂れて効果が倍増します。


関連ページ

肌荒れと洗顔
洗顔が肌荒れにどのように関係しているかについてです。
肌荒れ時のパックの注意点
肌荒れしている時はパックの仕方も変ってきます。
肌荒れに効く漢方
肌荒れに効くとされる漢方についてです。