小じわと紫外線の関係

小じわと紫外線の関係

紫外線対策

小じわ対策において乾燥対策の占める割合はかなり大きいことは事実ですが、まだ忘れてはならない対策があります。それは徹底した紫外線対策です。紫外線対策はシミやくすみといったお肌のエイジングケアと結びつけられがちですが、もちろん小じわも例外ではありません。

 

紫外線は波長の長さによってA波とB波に分けられています。小じわ予防の観点から特に気をつけたいのは波長の長い紫外線A波の方です

 

化粧水や美容液の有効成分を真皮へ成分を届かせるのは至難の業だというのに、紫外線A波はぐんぐん真皮へ入ってきて、ほんの数分で肌の弾力を保たせているコラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。しかもそのダメージが蓄積していくという厄介者なのです

 

そもそもコラーゲン繊維は肌の弾力の元になる繊維で、エラスチンがそのコラーゲンを束ねることで皮膚の弾力性は保たれています。その間をヒアルロン酸などが埋めて肌のハリをもたらしています。紫外線によってコラーゲンやエラスチンの繊維組織を切断する酵素が作られると、皮膚を持ち上げているスプリングの仕組みそのものが分断されて深いしわが刻まれることになります

 

ちょうど加齢によってコラーゲンの生成量が減少して来たころに、蓄積してきた紫外線ダメージが加わり小じわが急に増えたように感じさせるのです。紫外線による小じわは水分の補給では簡単に改善されません。予防が鍵なのです。ですから、ちょっとした外出や家事の合間でもしっかり日焼け止めを塗り、日傘や帽子・サングラスといったアイテムを忘れずに使いましょう。


関連ページ

小じわを予防する食品
小じわを予防するとされる食品についてです。
小じわと肌の乾燥
小じわと肌の乾燥との関係についてです。
小じわを予防する生活習慣
小じわを予防するのにはどのような生活習慣が理想的なのでしょう?