小じわを予防する食品

小じわを予防する食品

小じわの予防にしても対策にしても、食べて体に取り入れる栄養が最も重要です。
よく美肌に欠かせない栄養素としてビタミンA・C・Eが挙げられますが、具体的に小じわに効くどのような働きをしているのでしょうか。またどのような食品を摂ればよいのでしょうか。

 

うなぎ

ビタミンAは新陳代謝に使われ、皮膚の角質化を防ぎます。

β-カロチンは強い抗酸化作用のある成分で、体内で必要に応じてビタミンAに変わります。

 

ビタミンAは脂溶性で体に蓄積できるビタミンなのですが、ウナギレバー卵黄など食べ過ぎるとカロリーの気になる食材に含まれています。β-カロチンは人参トマトカボチャといった野菜に多く含まれているので、ビタミンAとβ-カロチンを含む食材をうまく組み合わせて食べましょう。

 

レモン

ビタミンCは活性酸素を抑えるほかに、コラーゲンの合成を促進する働きがあります。

レモンリンゴキウィ、またトマトパプリカなどにもビタミンCが多く含まれています。ビタミンCは水溶性なので体にためておくことができません。毎回の食事に少しずつ摂る工夫が必要です

 

ビタミンEはホルモン分泌を促し血行を良くする働きがあり、肌のターンオーバーを助けます
ビタミンEはピーナッツ・アーモンドなどのナッツ類イクラたらこなどの魚の卵パプリカやうめ・アボカドに多く含まれています。脂溶性のビタミンで普通に食事をしていて取り過ぎる心配はありませんが、偏って過剰にサプリなどを摂取すると骨粗鬆症になる危険があると言われています

 

牛乳

ビタミンに加えて必要なのは細胞のもとになるたんぱく質です。

コラーゲンもタンパク質が分解してできたアミノ酸によって生成されます。小じわ対策には円滑なターンオーバーが欠かせません。ですから、コラーゲンのもとになる肉やまた卵・牛乳などの良質タンパク質を、ビタミンCと合わせて摂る必要があります。

 

どれかを片寄ってたくさん取るのではなく、毎食なるべくバランスよく食べましょう。

関連ページ

小じわと肌の乾燥
小じわと肌の乾燥との関係についてです。
小じわと紫外線の関係
小じわと紫外線の関係についてです。
小じわを予防する生活習慣
小じわを予防するのにはどのような生活習慣が理想的なのでしょう?