ロスミンローヤルに含まれる生薬以外の有効成分

ロスミンローヤルに含まれる生薬以外の有効成分

ロスミンローヤルに含まれる生薬以外の有効成分の中から代表的なものについて、いくつか解説します。

 

L-システイン

アミノ酸の一種で、皮膚の代謝を正常化する働きがあります。
にきびや、肌荒れ、湿疹などの肌トラブルを防ぎます。
美白効果もあり、メラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制し、シミやソバカスの元が作り出されるのを防ぎます。
また、ターンオーバーを促進する働きがあり、生成されたメラニンを排出して、日焼けによるシミやソバカスを防ぎます。
紫外線によるダメージから肌を守り、老化を予防します。

 

DL-メチオニン

体内でシスチンに変化して、作用します。
美白効果に優れ、シミやソバカスを防ぎ、肌の老化を防ぎます。
また、保湿効果があり、肌を乾燥から防ぎます。
肌や髪などの成長を促す作用もあります。

 

アスコルビン酸(ビタミンC)

アスコルビン酸は有機化合物の一種で、ビタミンCとして働きます。
コラーゲンの生成に欠かせない成分で、肌を乾燥から防ぐと共に、シワを予防して肌のハリを保ちます。
また、メラニンの生成を抑制する働きにより、日焼けによるシミやソバカスの予防し、美白を促します。
抗酸化作用にも優れ、体や肌を若々しく保つ働きがあります。
アンチエイジングに欠かせない成分です。

 

ビタミンE

血液の循環を促す働きや、新陳代謝を高める働きがありますが、特に抗酸化作用に優れていて、活性酸素の働きを抑えて、老化を防ぐ効果があります。
シミやそばかすを防ぎ、酸化によるダメージから肌や体を守る、アンチエイジングに欠かせない成分です。

関連ページ

ロスミンローヤル9種類の生薬
ロスミンローヤルには9種類の生薬が含まれています。