シミができるメカニズム

シミができるメカニズム

シミの種類や原因は様々あるようですが、そもそも肌の色が他の部分と違って褐色や黒っぽくなるメカニズムとはどういうものなのでしょうか、考えてみましょう。

 

私たちの肌の色を決める大きな要因としてメラニン色素があります。メラニンというと肌の色を黒っぽくするものという印象があるかもしれませんが、そういった色合いなのはメラニンの中でもユーメラニンというメラニンです。金髪で青い目、白い肌をした外国人には黒い色のユーメラニンではなく、黄色や赤い色のフェオメラニンというメラニンが存在しています。

 

フェオメラニンは紫外線を浴びると活性酸素を作り出してしまいます。そのため、いわゆる白人の人は日光を浴びすぎると皮膚がんになってしまうのです

 

一方、私達日本人の持つユーメラニンは紫外線による影響から肌を守る働きをします。紫外線による刺激を受けると、真皮と表皮の境目にあるメラノサイトというメラニンを作る細胞に脳からシールドを張るよう指示が出るのです。するとメラノサイトでチロシンというアミノ酸が酸化されてドーパ、ドーパキノンと褐色度を増していき最後に黒色メラニンとなります。

 

この黒色メラニンを含んだ肌細胞は真皮に紫外線のダメージが及ぶのを防ぎながら、ターンオーバーによってだんだん表皮の外側へと押し出され最後には垢となって剥がれていきます。夏の間、日焼けすると肌の色が全体に浅黒くなって、秋になるとまた肌の色が元に戻るのはこうしたメラニンのメカニズムの為なのです。

 

しかし紫外線を浴びすぎて、メラノサイトがメラニンの過剰供給を止めなくなってしまったり、ターンオーバーが滞って不要になった肌細胞が黒色メラニンを含んだまま居残ってしまったりして、肌の色がいつまでも元に戻らない部分がシミとなってしまうのです

 

シミは悩みの種ではありますが、本来メラニンの働きは私たちを守るためのメカニズムなのです。

関連ページ

シミの種類
一口にシミと言っても色々な種類があります。
シミができる原因
シミができる原因についてです。
体にできるシミ
体にできるシミについてです。