シミに効く美白成分

シミに効く美白成分

たいていの女性はシミができた時に最初に考えるのが、シミ用の化粧水もしくはクリームを買おうということではないでしょうか。
そういったシミに対処するための化粧品には色々な成分が含まれています。厚生労働省は十数種の美白成分を「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ」と認めています。決められた量を配合している製品は医薬部外品としての扱いを受けます。

 

メーカーのホームページなどで紹介されている美白有効成分をいくつか挙げてみますと、ビタミンC、ビタミンCエチル、ビタミンC誘導体、安定型ビタミンC誘導体、ニコチン酸アミド、プラセンタエキス、4MSK、リノール酸、ルシノール、マグノリグナン、トラネキサム酸、コウジ酸、エラグ酸、カモミラET、グラブリジン、アルブチン、エナジーシグナルAMP、アンダーシールダー、ハイドロキノンなどがあります。

 

「4MSK」というと何かの記号にしか見えないかもしれません。実は4-メトキシサリチル酸カリウム塩という名前の成分でメラニンの生成を抑制し、溜まったメラニン色素の排出もしてくれる成分なのです。「エナジーシグナルAMP」も戦隊ものっぽい名前ですがアデノシン-リン酸二ナトリウムOTというターンオーバーを促進する成分で、メラニン色素が溜まっていくのを防ぐ働きをします

 

美白成分のなかでもハイドロキノン抜群の即効性を持っている反面、ある濃度以上は医師の処方が必要になります。せっかくの有効成分ですからその働きや特性を知って、正しく賢く利用しましょう。

関連ページ

シミに効くパック
シミに効くとされるパックについてです。
シミに効く飲み薬
シミに効くとされる飲み薬についてです。
シミを消すレーザー
シミを確実に消すには、やはりレーザーが最も有効な手段ではないでしょうか?
シミを隠すメイク法
シミはすぐに消せたらいいのですがなかなかそうはいかないもの。当座のケアにはシミを隠すメイク法が役にたちます。