シミ予防の紫外線対策

シミ予防の紫外線対策

紫外線対策

シミを作る主犯格の紫外線を毎日毎日地道に防ぐこと、シミ予防においてこの努力を怠ることはできません。とはいえ毎日SPF50+かつPA++++の最強度の日焼け止めをつける必要があるかというと、肌の敏感な方にはそれはおすすめできません。

 

最近は効果が高くて肌にやさしい日焼け止めが開発されてきてはいますが、紫外線吸収剤の使われている日焼け止めは紫外線を化学変化させてブロックする過程で肌に刺激を与える場合があるからです

 

一方、紫外線散乱剤の日焼け止めは肌への刺激は優しいと言われています。しかし効果は紫外線吸収剤ほど高くなく、白浮きしやすく滑らかさにかけるという弱点があります

 

日常生活で浴びる紫外線対策はSPF20、PA++くらいのもので十分と言われていますので、家事作業などのケアには紫外線散乱剤が使われた日焼け止め、一日屋外でスポーツをする場合などは紫外線吸収剤の入ったものという具合に使い分けるとよいでしょう。

 

万一うっかり日に焼けてしまった、というときはとにかく迅速にクールダウンの対策をしましょう。赤くなっているようならその場で濡らしたタオルやハンカチで冷やします

 

ラベンダーティーツリーなど消炎効果のあるアロマオイルがあれば、冷水に数滴落としてその水を使って患部を冷やすのがよいでしょう。ほてりを鎮めたらとにかく保湿です。ビタミンCの含まれた化粧水がおススメです。そして水分を入れたら油分で蓋をします。やけどの薬としても使われている馬油オリーブオイルが良いでしょう。

 

毎日気を抜かずに紫外線ダメージの蓄積を防いで、コツコツとシミ予防に励みましょう。


関連ページ

シミを防ぐ食品
シミを防ぐといわれる食品に関する情報です。
シミ予防の生活習慣
生活習慣の中からシミを予防する方法についてです。